%alt% %alt% %alt% %alt%

DPスティックの構造

DPスティックの基本設計

単位(mm)

挿入部、ストッパー部、把持部で構成されています

1.挿入部
・ 挿入部の最大の特徴は麻酔液を溜めるための72個のディンプルです。DPスティックの“DP“はディンプルを意味しています。
・ 挿入部長は77mmで先端が上咽頭に届かない長さです。
・ 挿入部の直径は5.5mmまたは5.0mmで、経鼻スコープと同程度の太さまたわずかに細くなっています。また、ディスポ前処置スティックの16Fスティックと18Fスティックのほぼ中間の太さです。
2.ストッパー部
DPスティックが鼻腔内に迷入することを予防します。
3.把持部
・ 把持しやすい四角柱となっています。

新たに細径DPスティックが発売されました

細径スティックのメリットは鼻腔への挿入が容易になることです。経鼻内視鏡の前処置みまだ慣れていない方でも患者様に苦痛を与えることがありません。是非、お試しください。

DPスティックの素材

適度な柔軟性を持った医療用シリコン

DPスティックは鼻腔挿入に最適な柔軟性をもった医療用シリコンで作られています。何度も試作を繰り返し、ようやく最適な柔軟性を調合することができました。また、医療用シリコンですので、オートクレーブによる滅菌、過酢酸および強酸性水による消毒が可能です。感染症を心配をすることなく安心して再使用していただけます。